本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2019年2月14日
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


日立オムロンターミナルソリューションズが
紙幣処理ソリューションの世界最大手G+D Currency Technology社と業務提携

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條哲司/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)は、このたび、紙幣処理ソリューション最大手のGiesecke+Devrient Currency Technology GmbH(本社:ドイツ連邦共和国 ミュンヘン、CEO:Dr. Wolfram Seidemann(ウォルフラン シードマン)/以下、G+D Currency Technology社)との間で、基本合意書を締結しました。

日立オムロンターミナルソリューションズは小型で高性能な紙幣処理システムBPS®(*1) C6を開発し、G+D Currency Technology社は、紙幣処理システムの製品ポートフォリオを強化し、市場における競争力を高めます。両社は連携して、グローバルに紙幣処理ソリューション事業を展開していきます。


G+D Currency Technology社は、効率的で安全な紙幣の流通・管理を実現する紙幣処理ソリューションのリーディングカンパニーです。G+D Currency Technology社が提供する紙幣処理ソリューションの製品やサービスは、世界中で160年以上の間、各国の中央銀行や商業銀行、印刷局、警送会社、カジノなどで利用されており、高い信頼性と実績があります。

一方、日立オムロンターミナルソリューションズは高性能で信頼性の高い紙幣還流式ATMをアジアを中心に世界へ展開するなど、紙幣処理において優れた技術や製品を有しています。2017年には紙幣処理システム事業に参入(*2)し、金融機関の営業店バックエンドや現金センターまでをカバーする広範な現金処理効率化ソリューションへ事業の拡大を図ってきました。

今回、両社の業務提携の第一段として、日立オムロンターミナルソリューションズはミッドレンジの紙幣処理システムBPS® C6をG+D Currency Technology社へ供給します。紙幣処理システムBPS® C6は、毎分1200枚の紙幣を処理する世界最速水準のスループットを実現するなど高性能でユーザビリティに優れており、また、さまざまなソフトウェアへのシームレスな統合を可能にするなど拡張性も備えています。


今後、日立オムロンターミナルソリューションズはG+D Currency Technology社とのパートナーシップをより一層強化し、幅広い顧客基盤を生かしてグローバルに紙幣処理システム事業を展開していきます。また、現金処理の効率化や運用コスト削減に向けたソリューションの共同開発を行うなど、両社で連携してソリューション事業の拡大も図っていきます。


*1
BPS®はG+D Currency Technology社の登録商標です
*2
ニュースリリース(2017年4月19日) 日立オムロンターミナルソリューションズが韓国の紙幣処理機メーカー シーテックを買収
https://www.hitachi-omron-ts.co.jp/news/2017/201704-003.html

日立オムロンターミナルソリューションズ 取締役/常務執行役員 濱崎敏也のコメント

今回、紙幣処理システムで実績・歴史のあるG+D Currency Technology社と業務提携出来たことは、とても嬉しいことです。経済発展が続き市場に流通する紙幣が増加する新興国のみならず、キャッシュレス化が進み紙幣の流通量が減少傾向にある国々おいても現金処理の運用コスト削減ニーズが高まっています。日立オムロンターミナルソリューションズが開発した紙幣処理システムBPS® C6はこのような現金処理の需要に対し、機械化・オートメーション化で応えることが期待されています。


G+D Currency Technology社 取締役兼Currency Management Solutions事業部長: Wolfgang Kneilmann氏のコメント

このたびの業務提携は、日立オムロンターミナルソリューションズ社との素晴らしい関係を築く第一歩です。それぞれの強みを活かした戦略的提携に大きな可能性を感じており、小型で高性能なクラス最高の製品によって、今後の成長が期待される紙幣処理システム市場において事業を拡大していきます。現金は生活の一部として世界中の小売取引の約80%で使用されており、平均3〜5%で増加しています。現金量の増加に伴う世界中の需要に、我々の紙幣処理ソリューションは適しています。両社の連携により、顧客に合わせたスマートで効率的な紙幣処理ソリューションが提供できるようになります。


G+D Currency Technology社 Commercial Systems本部長: Renato Diato氏のコメント

コモディティ化により現金センターでは価格への圧力が高まっていますが、一方で規制要件やセキュリティ構造、自動化などの要求に対応するためコストが増加しています。BPS® C6の使用により、クラス最高のパフォーマンスや優れたユーザビリティ、新しいデジタルインタフェースを提供し、あらゆる現金管理ソフトウェアへのシームレスな統合を可能にするため、これらの要求を同時に満たすことができます。BPS® C6は小型でありながら優れた機能性を持っており、毎分1,200枚の速度で紙幣を処理する世界最速の卓上識別システムです。


G+D Currency Technology社について

G+D Currency Technology社は、効率的で安全な紙幣の流通・管理を実現する紙幣処理ソリューションのリーディングカンパニーです。世界的にセキュリティ関連製品を展開するGiesecke+Devrient GmbH(ギーゼッケアンドデブリエント社)の子会社であり、従業員数は約4,800人で、2017年度は10億ユーロを超える売上を計上しています。G+D Currency Technology社が提供する紙幣処理ソリューションの製品やサービスは、世界中で160年以上の間、各国の中央銀行や商業銀行、印刷局、警送会社、カジノで利用されており、高い信頼性と実績があります。
https://www.gi-de.com/currency-technology


お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hitachi-omron-ts/general/jp/form.jsp

報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
経営企画室 経営企画部 [担当:二木、大畑、白石]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館
03-5719-6009 (ダイヤルイン)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。