本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

 

概要

ブランチトランスフォーメーション(BX)

人口減少、スマートフォン取引の進展など社会環境の大きな変化に対し、金融機関をはじめとする店舗の効率化やお客さまが利用するチャネルの多様化が求められています。
自動機で培ってきたノウハウを生かし、店舗業務効率化(ブランチトランスフォーメーション)の取り組みを通して、OHR低減、および相談やコンサルティングを強化し、お客さまの経営課題解決ならびに新たな価値創造に貢献します。

概要

【店舗業務改革コンセプト動画】



ブランチトランスフォーメーション(BX)プラットフォーム

マイクロサービスアーキテクチャーに対応した新しいソフトウェアプラットフォームを開発しました。
本プラットフォームは、単機能毎にパッケージ化した業務機能部品群とあらかじめ定義しておいた業務取引テンプレート群より構成されており、それらを組み合わせて提供することができます。
機能単位でAPI接続ができるため、ATMなどのチャネルと接続することで新たな機能を追加したり、XTechベンダーなどが提供するさまざまな外部サービスとの連携がより早く実現できます。

仕組み

ソリューションメニュー紹介

ATMタッチレスソリューション

ATM画面の右側に搭載した空中入力装置により、画面に触れることなくボタン操作ができます。残高照会やお引出しなどよく利用される取引をタッチレスで操作することができますので、感染症などの衛生上のリスクが低減でき、安心してお使いいただけます。

特長

  • ・空中入力装置に表示される映像は、10キーや選択キーなどさまざまなキーレイアウトにも対応可能です。
  • ・ATM画面からの操作も可能ですので、利用しやすい操作方法を選択いただけます。

操作イメージ

操作イメージ

空中入力装置上に浮かび上がるように表示された取引ボタンの映像に指をあわせる動作をすると、センサーが反応しボタンを押下した時と同様の処理を行います。

空中入力装置の画面イメージ

残高照会、お引出し、お預入れなどの主要な取引に必要な操作画面を準備しています。ATM画面の仕様に合わせているため、迷うことなくスムーズに操作いただけます。

空中入力装置のサブ画面表示イメージ


ATMセルフ本人確認ソリューション

ATM画面の左側に運転免許証などの本人確認書類の読取装置と、ATM正面に顔撮影用のカメラを実装しました。これにより、本人確認に必要な手続きをATM利用者がセルフで実施することができます。ATMで本人確認処理を行うことで、郵送事務や窓口で対面実施していた本人確認の対応業務の負担軽減に貢献できます。

特長

  • ・読み取った本人確認書類の顔画像と、顔撮影用カメラで撮影した利用者の顔画像との照合を行います。
  • ・ATM画面の表示に従い顔の向きなどを動かすことで、撮影対象が実在することを確認し、写真など画像によるなりすましを防止します。(ライブネスチェック)
  • ・ICチップ内の情報を読み取り、本人確認書類の真正性を確認します。
  • ・継続的顧客管理で必要な本人確認項目(取引目的、職業など)をATM操作画面から入力することで、
    情報取得ができます。

ATMでの本人確認機構の構成

ATMでの実現機能概要


本人確認処理の概要

ATMでの実現機能概要

※本処理内容は一例です。運用に合わせて変更が可能です。