本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

服薬支援装置「服薬支援ロボ」



日頃の服薬からデータ管理まで、これひとつでラクラク管理

高齢者や介護を必要とする人は1回に飲むお薬の種類や量が増える傾向にあり、処方されたお薬の飲み忘れや飲み間違いが起こるという状況にあります。 「服薬支援ロボ」は、その大きな問題を予防し、高齢者の安全のほか、介護者の負担を軽減します。

     【以下の画像から服薬支援ロボの紹介動画がご覧になれます】


導入のメリット

お薬の飲み忘れ・飲み間違いなどを予防

服薬支援ロボを使った管理をすることで、お薬の飲み過ぎや飲み忘れ、飲み間違いを予防。服薬コンプライアンスの改善や残薬の管理もサポートします。

ご本人や周りの方の服薬管理をスムーズに

ご本人の服薬管理の自立を促すとともに、医師やケアマネジャー、訪問看護、ご家族など、服薬管理における周囲の方々のスムーズな連携を支援します。

服薬支援のポイント

1. お薬の飲み忘れを予防

時間になると、画面と音声でお知らせします。

2. お薬の間違いを予防

正しいお薬のみが取り出せます。

3. お薬の飲み過ぎを予防

ボタンを何度押しても、時間外は取り出せません。
取り出し有効時間:2〜5時間

4. 服薬履歴をデータ管理

最大4週間分のデータを保存・管理できます。

服薬を支援する4つのポイント


装置本体の特長

わかりやすいタッチパネル画面

機械が苦手な方でも簡単なタッチパネル操作です。設定画面の文字も大きく、わかりやすく表示します。

取り出しボタン

あえてボタンを光らせず、認知症の方を不安にさせないよう配慮しています。

スピーカー

ご高齢の方にも聞き取りやすいように、ゆっくり・ハッキリとした女性の声でお知らせします。
難聴の方にも聞こえるよう、大音量設定もできます。

主な使い方

カセットごとの服薬時間を設定

KR1000A_hi_07

服薬時間に合わせて、ピルケースをカセットにセット

KR1000A_hi_08

1週間モード(4種類)
各カセットを朝、昼、夜、寝る前に設定


KR1000A_hi_09

2週間モード(2種類)
朝・夜2カセット1組セットとして設定


KR1000A_hi_3

4週間モード(1種類)
すべてのカセットを朝に設定


KR1000A_hi_4

1週間モード(頓服)
1カセットを頓服薬として設定


ピルケースをセットしたカセットを本体に装着

KR1000A_hi_11

カセットの交換が正しく行われると「カセットが交換されました」と表示されます。

KR1000A_hi_12

入れ間違いを予防するため、違うカセットは装着できない構造になっています。

服薬履歴表示

服用履歴画面が表示されます。本体のUSBスロットから、時間や履歴を書き出しパソコンで管理することができます。

KR1000A_hi_13

同梱品

ピルケース

KR1000A_hi_14
  • 中の薬が見やすい、半透明のピルケースです。
  • お薬をセットする時に間違えにくいよう、朝・昼・夜・寝る前の時間帯によって色分けしています。
  • 一包化したお薬も収納できます。

カセット

KR1000A_hi_15
  • 正しいお薬をセットしやすくするため、ピルケースと色を揃えています。
  • 違う色のピルケースが入らないよう、色ごとに異なる形になっています。
  • 本体にセットする際、違う時間帯のお薬が入らない構造になっています。
  • 1つのカセットに7個までピルケースを収納できます。


仕様

画面サイズ6.2型ワイドタイプ
画面解像度800×400×3(RGB)
スピーカ最大出力2W
スピーカ口径57o
電源電圧AC 100V
消費電流0.15A(TYP)
定格周波数50/60Hz
外形寸法270o(W)×319o(D)×314o(H)
本体質量9.0kg
電源コード長1.5m

※仕様については予告なく変更する場合があります。

※商標について
・「服薬支援ロボ」はケアボット株式会社の登録商標です。


        

お客さまサポート

  • お問い合わせ
  • 気になることがありましたら、こちらまでお問い合わせください。