本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2021年3月25日
西尾信用金庫
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


〜ATMで本人確認処理のセルフ化を実現(西尾信用金庫)〜
継続的顧客管理において画像取得による本人確認業務のATM利用は全国初

西尾信用金庫(理事長:近藤 実)は、このたび、継続的顧客管理をATM利用に合せて実施する本人確認ソリューションの試行運用を開始します。日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役 取締役社長:八木 鉄也/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)が開発した本人確認書類読取装置と顔撮影用カメラを搭載した新型ATMにより、ATM利用者がご自身で本人確認が終了できるようになります。継続的顧客管理を、ATMから取得した本人確認書類の画像と同顔カメラの画像で本人確認が終了できるのは全国初となります。
本ソリューションは、3月29日(月)から、本店営業部の一部のATMでご利用いただけます。

1.稼働開始日   3月29日(月) 本店営業部(ATMコーナー:1台)

2.取り組みの背景と目的
西尾信用金庫(にししん)では、「お客さまから選ばれる・お客さまが紹介したくなる“にししん”」を目指し、業務効率化とともに、お客さまへのサービス向上に取り組んでいます。犯罪収益移転防止法(以下、犯収法)の施行などにより本人確認と継続した顧客管理の厳格化が求められるなかで、身近に利用されているATMなどを活用した本人確認手続きの検討を進めていました。
また、日立オムロンターミナルソリューションズでは、ATMなどのセルフ端末を活用したデジタライゼーションによる店舗業務の効率化、利用者の利便性向上の実現に向け、「窓口業務改革=ブランチトランスフォーメーション(BX)」を通じた課題解決の強化を図っており、窓口業務のなかでも事務負担の重い本人確認業務を高セキュリティにセルフ化できる本人確認ソリューションの展開を進めていました。
2018年11月、犯収法の改正によりオンラインで完結する確認方法が追加され、両者の取り組みが合わさり、郵送や窓口で対応する予定をしていた本人確認業務をATM取引時に実施するATM本人確認ソリューションとして実現することができました。

3.ATM本人確認ソリューションの概要
(1)運用手順
@ ATM取引(お引出し・お預入れ・残高照会・ご本人確認)において、本人確認が必要なご利用者に対して、本人確認
 の実施依頼画面を表示し有無の選択を行います。
A 本人確認の実施を選択された場合、ATMの読取機構で本人確認書類を読み取りATM中央部の顔撮影用カメラで撮影す
 るご利用者の顔画像と本人確認書類(運転免許証など)の顔画像と照合し、本人確認記録としてサーバーで保管します。

    (2)特徴
    本人確認書類の真正性チェックやカメラで撮影する人物画像が写真(動画)でないことを確認するライブネスチェックを行います。

4.今後の予定
試行運用状況を見極めながら、今夏以降本格導入していく計画です。

本人確認装置付きATMの外観イメージ


西尾信用金庫のホームページ

https://www.shinkin.co.jp/nishio


日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社の
「店舗業務改革(ブランチトランスフォーメーション)」

https://www.hitachi-omron-ts.co.jp/solution/008/index.html


お問い合わせ先

製品・サービスに関するお問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
国内事業部 企画本部 ビジネス企画第2部 [担当:金加、松村]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hitachi-omron-ts/products/jp/form.jsp?UM_Qno=1


報道関係お問い合わせ先

西尾信用金庫 事務管理部 [担当:森田、尾ア]
〒445-0073 愛知県西尾市寄住町洲田51番地
TEL:0563-56-7955

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
経営企画室 経営企画部 [担当:二木、白石]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館
TEL:03-5719-6009(ダイヤルイン)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。