本文へジャンプ

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

Hitachi

2009年12月7日
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


現金管理機能を強化した新型多能式現金両替機「BTR-1」を販売開始


BTR-1
新型多能式現金両替機「BTR-1」


日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長兼CEO:大谷彰彦/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)は、現金管理機能を強化した新型多能式現金両替機「BTR-1」の販売を開始します。
本製品は、国内ATM No.1ベンダー*1として培ったノウハウを元に、現金自動計数機能の強化や電子ジャーナル機能など運用効率向上を実現する新型多能式紙幣両替機です。
今後は、金融機関をはじめ、流通業など幅広い業種、業態の市場へ展開していく予定です。

*1
2008年度出荷台数。日立オムロンターミナルソリューションズ調べ。

特長

1.運用効率の向上

  • 現金自動計数機能の強化により、従来、手入力していた現金補充時の金額設定を、機械計数結果をもとに自動設定可能。設定作業の負担や誤入力のリスクを軽減。
  • カレンダー機能により現金計数処理の自動起動、完了が可能。現金計数処理における係員の立会い補助作業を軽減。
  • 従来、機内現金を回収して出納等に運んで実施していた現金計数を、装置の機械計数機能で実施可能。機内現金の回収回数を低減した現金精査運用の構築が可能。

2.セキュリティ向上

  • 窓口営業時間外の稼働を考慮し、筐体の防犯性を強化。
  • 人物顔カメラの搭載により、現金の取忘れが発生した場合の取引確認機能を強化(オプション)。
  • 電源切断時のアクセス検知機能、現金アクセスキーにより、機内現金をより厳密に管理することが可能(オプション)。

3.エコ対応

  • 取引情報を電子化して記録する電子ジャーナル機能をサポート。紙ジャーナルレス運用による紙資源の使用削減が可能。また、ジャーナル検索時の作業負担も軽減。
  • 取引待機時および閑散時に消費電力を抑える省電力モード運転をサポート。

4.操作性の向上

  • 従来、10.4インチだった顧客操作画面を両替機では初めて15インチに大型化。顧客に分かりやすく使いやすい画面デザインを採用し顧客操作性を向上。
  • 係員パネルを大型化・カラー化し、複数ページに渡っていた係員操作画面の集約等により係員操作性を向上。
  • 音声案内の標準装備により、操作手順の案内や取忘れ等の注意喚起を強化。

5.システム拡張性

  • 電子ジャーナルの集中管理、集中監視システムの接続、プログラム配信など、ATMシステムの適用も可能。

販売計画

提供時期 2010年12月〜
価格 オープン価格
販売目標 3年間で3,000台以上

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
国内自動機事業部 事業企画部 営業企画課 [担当:大磯、松村]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6014(ダイヤルイン)


報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社 経営戦略室 経営企画部 [担当:長束]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6009(ダイヤルイン)


以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。