本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

通帳証書発行装置

通帳証書発行装置は、営業店業務の省力化、管理業務の省力化に貢献できる装置です。
従来、専任オペレータが行っていた事務処理業務の中でも特に「通帳/証書の発行」、「通帳の未記帳付け込み」、その付帯管理業務を大幅に自動化しました。

 

特長

操作性の向上

全ての操作を前面で行える様、一括記帳ボックスや10.4型カラー液晶ディスプレイおよびタッチパネルの採用により、操作性、視認性の向上を図りました。また、立った状態での操作を考慮し、高さを1310mm(可動式操作パネル立て時)としました。

記帳処理の合理化

一括記帳・一括頁替、および最大30冊の一括記帳を実現しました。

豊富な通帳証書種類の発行

12種類の通帳・証書を組み合わせての発行が可能です。

セキュリティの向上

通帳証書発行装置にセットする通帳/証書は各ホッパ毎に通帳/証書種類、及び枚数をセットし管理していますので、発行・在高管理が自動的に行えます。発行・在高管理は、管理簿により検証が行えますので、管理作業の削減、及び厳正化が図れます。

発行業務のスピードアップ

新規発行時、または繰越時に窓口装置からのキー入力により、通帳/証書を自動的に選択繰り出します。顧客待ち時間の短縮と発行事務処理の省力化が図れます。通帳新規発行は高速発行が可能です。

コンパクトなサイズ

横幅×奥行き×高さ:450mm×680mm×1310mm(操作パネル立て時)
一線テラーの近くに設置可能としたため、テラーの離席削減となります。

 

概略仕様

項目 仕様
設置形式 自立
表示部 10.4型タッチパネル
ホッパ数 最大12
ホッパ容量 通帳60冊/証書110枚
設置条件 寸法 450(W)x680(D)x1310(H)mm(操作パネル立て時)
質量 240kg
インタ—フェース LAN

※仕様については予告なく変更する場合があります。