本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2016年4月4日
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


インドネシアにATM販売・サービス会社を設立
保守サービスの拡充などATM事業の展開を加速



日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條 哲司/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)は、このたび、インドネシア共和国(以下、インドネシア)におけるATMの販売・サービス会社としてPT. Hitachi Terminal Solutions Indonesia(日立ターミナルソリューションズ(インドネシア)社)を設立し、2016年4月から操業を開始しました。ASEAN地域ではタイに次いで設立した販売拠点であり、インドネシアにおけるATM販売や保守サービスなどの事業体制を強化し、グローバルでの事業展開を加速していきます。

インドネシアは、世界第4位の約2億5000万の人口を抱える非常に有望な市場であり、ASEAN地域の中で最も多くの金融自動機が設置されています。海外の多くの国々と同様に、現在は出金専用のキャッシュディスペンサー(以下、CD)が金融自動機市場の大半を占めていますが、金融機関における現金運用効率化や窓口の混雑緩和、入金需要などのニーズが高まっており、今後は、紙幣還流式ATM(*1)の需要拡大が見込まれています。

日立オムロンターミナルソリューションズは、2003年に入金機でインドネシア市場へ参入し、現地の販売会社との連携により、金融自動機の販売・サービスを展開してきました。2011年には最大手商業銀行に紙幣還流式ATMを大量納入し、2013年にインドネシアでは初となる紙幣のリサイクル運用が開始されるなど、インドネシアの金融インフラの発展に貢献してきました。

*1
入金した紙幣を装置内部で還流し、出金用の紙幣として利用する紙幣リサイクル運用が可能なATM。窓口業務の効率化や金融機関の利用者へのサービス品質向上に加え、ATMに補充するために準備する現金量を減らすことで、現金警送(現金の輸送・詰め替えなど)にかかるコストや負荷を削減し、資金の運用効率を高めることができる。

こうした背景のもと、日立オムロンターミナルソリューションズは、インドネシアにおけるATM事業のさらなる拡大をめざし、現地法人を設立しました。事業体制を強化することで、金融機関のお客さまとの接点を増やし、多様化するニーズの把握や課題の解決など従来以上にきめ細やかな対応を行っていきます。また、ATMなど金融自動機の販売を拡大していくことに加え、機器の稼働品質を高める保守サービス、効率的な現金運用を実現するソリューションなど、新たなビジネスを展開していきます。

日立オムロンターミナルソリューションズは、センシングやメカトロニクスなどの最先端技術を活用した、高性能で信頼性の高い紙幣還流式ATMをグローバルに展開しています。今後は、紙幣還流式ATMと付加価値の高いソリューションを提供し、安心・安全で快適な社会の実現に貢献していきます。

日立オムロンターミナルソリューションズ
海外事業部アジア第2本部長 後藤康夫のコメント

日立オムロンターミナルソリューションズは、インドネシアやタイをはじめASEAN市場で紙幣還流式ATMのパイオニアでありトップベンダー(*2)です。現地の金融機関のニーズを捉え、迅速な対応により、紙幣還流式ATMの販売拡大とサービス強化を図るため、タイに続きインドネシアに現地法人を設立しました。今後は、インドネシアにおける保守サービスを強化し、ATMの稼働率向上と安定稼働により、インドネシアにおける金融インフラ構築に貢献していきます。

*2
紙幣還流式ATM設置台数シェアに関する日立オムロンターミナルソリューションズ調べ(2016年3月現在)


PT. Hitachi Terminal Solutions Indonesiaの概要

会社名 PT. Hitachi Terminal Solutions Indonesia
所在地 インドネシア共和国 ジャカルタ市
設立日 2015年11月11日
操業開始日 2016年4月1日
代表者 President Director 浅田 一正
従業員数 27名(2016年4月時点(操業開始時))
資本金 735億4500万IDR(インドネシアルピア) [約6億円]
出資比率 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(グループ会社を含む) 100%
事業内容 金融機関向け機器販売、保守およびサービス事業

お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hitachi-omron-ts/general/jp/form.jsp



報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社 経営企画室 経営企画部 [担当:二木、大畑]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6009(ダイヤルイン)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。