本文へジャンプ

Hitachi

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

2014年4月24日
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


新型自動通帳繰越機「APIM」を販売開始

新型自動通帳繰越機「APIM」
新型自動通帳繰越機「APIM」


日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條 哲司)は、このたび、お客さまの使いやすさと環境に配慮した新型自動通帳繰越機「APIM(*1)」の販売を開始します。


本製品は、金融機関を利用されるお客さまが窓口に行かずにATM を設置している自動機コーナーなどで通帳記帳や新規通帳への繰越が行える自動機です。

ユニバーサルデザインを進化させ、より多くのお客さまが利用しやすい操作性とデザインを採用しました。また、通帳収納数の大容量化と併せて、省電力化を進めた高省エネモードを搭載することで環境性能を高めるなど、金融機関における運用コストの削減を実現しました。

当社は、ATM や両替機など金融機関向け自動機の開発・製造でこれまで培ってきたノウハウを活かし、社会インフラの一翼を担う製品・サービスを提供する企業として、使いやすいデザインへのこだわりや高齢化社会、環境への対応など、社会のニーズにマッチした製品・サービスを提供していきます。


自動通帳繰越機「APIM」の特長

1.お客さまの使いやすさを徹底追求

(1)明るく使いやすい15型大画面

  • ATM と同じ15型大画面を採用。最適な画面角度でスムーズな操作性を実現

(2)最大10種類の通帳発行が可能

  • 普通預金や定期預金など科目を問わず、最大10種類の通帳発行が可能

(3)ユニバーサルデザイン対応

  • 操作画面や通帳口の高さなど、車いすご利用時の使いやすさに配慮したデザインを採用
  • 画面・筐体はカラーユニバーサルデザイン認証(*2)を取得(当社推奨仕様において)

(4)通帳取り忘れへの対応

  • 明るく大きな青色フリッカランプと音声で、わかりやすく操作を誘導。通帳の取り忘れにもランプと音声で即座にお知らせ

2.ゆとりの大容量と省エネ対応で、運用コストを低減

(1)通帳大容量で補充業務を軽減

  • 通帳冊数は最大540冊
  • 大容量化により、補充業務を軽減し、長時間運用が可能

(2)ランニングコストを抑える省電力対応

  • 消費電力の低減と省エネモードの採用により、当社従来機(HT-2851)に比べ、消費電力を最大73%削減

*1
APIM:Automatic Passbook Issuing Machine
*2
カラーユニバーサルデザイン認証(CUD認証): NPO法人Color Universal Design Organization による認証。色覚の個人差を問わず、できるだけ多くの方に見やすいようカラーユニバーサルデザインに配慮しています。

製品価格

オープン価格


販売目標

3,000台 (今後3年間で)


販売開始

2014年4月


製品のホームページ

自動通帳繰越機「APIM」

http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/products/atm/apim/index.html


お問い合わせ先

本件に関するお問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
国内事業部 ソリューション本部 ソリューション事業企画部 [担当:川岡、松村]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6014 (ダイヤルイン)

報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
経営企画室 経営企画部 [担当:二木、大畑]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6009 (ダイヤルイン)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。