本文へジャンプ

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

Hitachi

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2013年3月15日
株式会社日立製作所
株式会社日立システムズ
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社


ATMクラウドサービスを提供開始


株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、このたび、ATMの取引内容を記録して保存するATMジャーナルの集中管理のほか、ATMの状況監視といった業務をメニュー化し、クラウドサービスとしてATMクラウドサービス(以下、本サービス)(*1)を、4月1日から提供開始します。
日立は、本サービスにより、金融機関におけるATMの運用管理をトータルにサポートします。また、今後、本サービスを提供するクラウドサービス基盤を活用し、金融機関のニーズに応えるATMのさらなる利用価値向上に向けた新サービスを順次提供していく予定です。

*1
本サービスは、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」(ハーモニアスクラウド)のラインアップのひとつです。

昨今の円高修正、株価の上昇など、景気回復の兆しは広がりつつあるものの、金融機関の経営環境は依然として厳しい状況が続いており、OHR(*2)軽減に関するニーズはますます強くなっています。その中でATMの運用に関してもこれまでの信頼性を確保しつつ、さらなる効率化を支援するサービスが求められています。

*2
OHR(Over Head Ratio):コア業務粗利益経費率。銀行業における経営効率を図る代表的指標。

日立はこれらのニーズに対応し、今回、ATMクラウドサービスの提供を開始します。本サービスは、国内金融機関におけるATMトップシェア(*3)ベンダーとしてATMに関する高い技術やノウハウを持つ日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社(代表取締役社長:下條 哲司/以下、日立オムロンターミナルソリューションズ)がこれまで提供しているATM周辺サービスをベースに、「ATM監視・運用サービス」、「ATMジャーナル集中管理サービス」、そして「ATMリモートメンテナンスサービス」の3つをメニュー化し、それらをネットワークを介して利用できるクラウドサービスとして日立がHarmonious Cloudセンタ(日立のクラウドサービス提供拠点)から提供します。なお、本サービスの保守・運用は、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長: 高橋 直也/以下、日立システムズ)が、これまで培ったデータセンタやネットワークなどのリソース運用・保守の実績・ノウハウを活かして担当します。
金融機関は、本サービスを利用することで、現在、金融機関が自ら行っているATMに関する業務を、新たにシステム投資や資産を有することなく、高いセキュリティを確保したクラウド環境で利用できるだけでなく、ATMの運用に関するトータルコストの低減も可能になります。

*3
設置台数に関する日立オムロンターミナルソリューションズ調べ(2013年3月現在)

日立は今後も、今回提供するサービスに加え、ほかのシステムとも連携したATM取引業務のレベルアップ(顧客満足度向上)やBCP対策など、金融機関のニーズに応える新しいクラウドサービスをタイムリーに開発し、提供していく予定です。
日立は、金融機関のシステムを基幹系から営業店/ATM/インターネットバンキングなどのチャネル系まで幅広くサポートしている日立グループの総合力を活かすとともに、金融機関の収益向上への貢献やATM利用者への新たな付加価値の提供など、「金融機関の顔」ともいえるATM利用価値の一層の向上を支援します。



ATMクラウドサービスの特長

1. ATMの運用管理にかかわる各種業務をトータルにワンストップで提供

ジャーナルの集中管理や監視・運用、そしてリモートメンテナンス(ソフトウェアの集配信、資源管理など)など、ATMの運用管理をトータルにサポートします。日立グループの総合力を活かし、日立がワンストップで提供することで、金融機関は、必要なサービスをメニューの中から選択し、組み合わせて利用できます。
なお、本サービスによる監視と予防保守(*4)をシームレスに連携させることで、万一障害が発生した場合にも、直ちに日立保守員が的確な対応を迅速に行います。これにより、ATMの停止時間を短縮できるため、稼働率も向上します。

*4
定期的に行うネットワークやシステムなどの保守・点検作業。定期的に行うことでトラブルを未然に防ぐことが可能。

2. 高信頼なクラウドサービスによるセキュリティ対策

本サービスは、金融機関の基幹系システム、チャネル系システムで豊富な実績のあるHarmonious Cloudセンタを活用しています。また、データの暗号化やアクセス操作履歴の取得など、万全な情報漏えい対策を施しています。これらにより、進入防止、不正防止、データ保護、設備・運用環境など、システム運用の側面からも適切なセキュリティを確保します。



ATMクラウドサービス全体イメージ

ATMクラウドサービス全体イメージ



価格と提供時期

メニュー サービス内容 価格提供時期
ATM監視・運用サービス Harmonious Cloudセンタに設置したATM監視システムを利用し、ATMの監視・運用業務を代行します。 個別見積 4月1日
ATMジャーナル集中管理サービス ATM内の電子ジャーナルデータをHarmonious Cloudセンタで集中保管/管理し、対象ATMの任意情報検索をサポートします。
ATMリモートメンテナンスサービス ATMプログラム、BIF(*5)ファイルの配布を代行します。
*5
BIF(Banking Information File):銀行名ファイル
今後、金融機関における顧客セールス強化を支援するサービスの拡充を計画中


販売目標

2015年度までの3年間で30金融機関


株式会社日立製作所ホームページ

http://www.hitachi.co.jp/


株式会社日立システムズホームページ

http://www.hitachi-systems.com/


日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社

http://www.hitachi-omron-ts.co.jp/


日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」について

http://www.hitachi.co.jp/cloud/


他社所有商標に関する表示

・Harmonious Cloudは、株式会社日立製作所の日本における登録商標です。
・その他、記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。


本製品に関するお問い合わせ先

株式会社日立製作所 情報・通信システム社 金融システム営業統括本部 [担当:小清水]
〒100-8220 東京都千代田区丸の内一丁目6番1号
お問い合わせ先: http://www.hitachi.co.jp/finance-inq/


株式会社日立システムズ [商品お問い合わせ窓口]

0120-346-401(受付時間:9時〜17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム: https://www.hitachi-systems.com/form/index.html


日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
国内事業部 事業企画本部 マーケティング部 [担当:藤原、松村]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6014(ダイヤルイン)

ATM他、自動機関連の製品お問い合わせ:
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hitachi-omron-ts/atm/jp/form.jsp



報道関係お問い合わせ先

日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
経営戦略室 経営企画部 [担当:柴藤、二木]
〒141-8576 東京都品川区大崎一丁目6番3号 大崎ニューシティ3号館

03-5719-6009(ダイヤルイン)

以上

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。